rockin'on store

rockin'on store BOOKS & MAGAZINES 単行本をこちらでご購入いただけます。

公式サイト
 

Heavier Than Heaven : a biography of KURT COBAIN

チャールズ・R・クロス
¥2,750(税込)
初版発行日:2002年3月27日
※税込5,000円以上お買い上げのお客様は送料無料となります。

サイズを選択

  • XS
  • S
  • M
  • L
  • XL
  • Ladies S
  • Ladies M
  • Youth S
  • Youth M
  • ONE
    PIECE

数量を選択

 

ISBN:978-4-86052-003-8

「だんだん消えていくくらいなら、一気に燃え尽きたほうがマシだ」。94年、4月8日――今尚絶大な人気を誇るニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンが自らその命を絶った。

カート・コバーンの短くも激しい生涯を追った決定版バイオグラフィー『Heavier Than Heaven:a biography of KURT COBAIN』が、いよいよロッキング・オン編集部監修のもと翻訳刊行されました!カート・コバーンが遺した膨大な日記、そして遺書――。作者はそうした、これまで門外不出だった貴重な資料を初めて公開することをコートニー・ラヴから許された他、彼女他遺族や関係者に対する400本以上のインタヴューを積み重ね、カート・コバーンの矛盾に満ちた人間像、死の本質的な謎について解き明かしていきます。おそらくこれ以上“発見”に満ちたバイオグラフィーは今後生まれないだろう、まさにカート・コバーン本、ニルヴァーナのヒストリー本としての決定版です。

目次:
プロローグ――HEAVIER THAN HEAVEN
ニューヨーク州ニューヨーク 1992年1月12日
1章―最初は大声でわめく。
ワシントン州アバディーン 1967年2月――1973年12月
2章―ママも嫌い、パパも嫌い
ワシントン州アバディーン 1974年1月――1979年6月
3章―今月のミートボール
ワシントン州モンテサノ 1979年7月――1982年3月
4章―草原地帯のソーセージ・ボーイ
ワシントン州アバディーン 1982年3月――1983年3月
5章―本能が欲するところ
ワシントン州アバディーン 1984年4月――1986年9月
6章―彼を十分に愛していなかった
ワシントン州アバディーン 1986年9月――1987年3月
7章―俺のズボンのチャックを開けるとスーピー・セールスが出てくるぜ
ワシントン州レイモンド 1987年3月
8章―高校へ逆戻り
ワシントン州オリンピア 1987年4月――1988年5月
9章―無駄な日々
ワシントン州オリンピア 1988年5月――1989年2月
10章―ロックンロールは違法行為
ワシントン州オリンピア 1989年2月――1989年9月
11章―キャンディ、子犬、愛
イギリス、ロンドン 1989年10月――1990年5月
12章―めちゃくちゃ愛してる
ワシントン州オリンピア 1990年5月――1990年12月
13章―リチャード・ニクソン・ライブラリー
ワシントン州オリンピア 1990年11月――1991年5月
14章―星条旗を燃やそう
ワシントン州オリンピア 1991年5月――1991年9月
15章―飲み込むたびに
ワシントン州シアトル 1991年9月――1991年10月
16章―歯を磨くこと
ワシントン州シアトル 1991年10月――1992年1月
17章―俺の中のリトル・モンスター
カリフォルニア州ロサンジェルス 1992年1月――1992年8月
18章―バラ香水とおむつの匂い
カリフォルニア州ロサンジェルス 1992年8月――1992年9月
19章―あの伝説の離婚
ワシントン州シアトル 1992年9月――1993年1月
20章―ハート型のひつぎ
1993年1月――1993年8月
21章―微笑む理由
ワシントン州シアトル 1993年8月――1993年11月
22章―コバーン病
ワシントン州シアトル 1993年11月――1994年3月
23章―ハムレットのように
ワシントン州シアトル 1994年3月
24章―天使の髪の毛
カリフォルニア州ロサンジェルス―ワシントン州シアトル 1994年3月30日―4月6日
エピローグ―レナード・コーエンのあの世
1994年4月――1999年5月